本を購入する

どのリンクから購入するのかにかかわらず、注文が入り次第、全ての本がユニコーンのスピードで印刷され、あなたの元へ届けられます。

この本について

デイン・ヒアーの中に「赤ちゃんユニコーン宣言」のアイディアが生まれたのは、友人が娘を出産したことがきっかけでした。そこからインスピレーションを受けたデインは、『私たち一人ひとりが生まれた瞬間から、無限の可能性をこの世界にもたらしている』ことを私たちに思い出させるものとして、この本を書きました。 この物語はカタリナ・ワレンティンとの共著です。イラストレーションはナタリー・ボーボイズによるものです。 私たちが信じている可能性を問いかけることで、この本が赤ちゃんユニコーンの世代のインスピレーションになることを彼らは願っています。

「もし、子どもたちが生まれた瞬間から、子どもたちがギフトであることを教えられたらどうでしょう? 子どもたちが望むまま何にでもなれて、何でもやることができると言われたら? もし子供たちが毎日、私たちが彼らの存在にとても感謝していることを伝えられたら? そしたら子供たちは何をクリエイトすることができるでしょう? そしたら、何が可能になるでしょう?」ヒアは言います。

ワレンティンは同意して、「もし私の娘に一つギフトできるとしたら、それは、陰りや疑いなく、彼女がただ十分な存在なだけではなくて、彼女はユニークで、完璧で、素晴らしくってそして愛されていると、彼女に知ってもらうこと。とても基本的なことのように見えますが、これを知っていることがマジックを創り出します。大きなマジックを」と、言いました。

簡単に読めて素晴らしい挿絵の入った「赤ちゃんユニコーン宣言」は、私たちの想像でしか自分を制限することができない、私たちの美しい惑星の、マジックと可能性についての絵本です。 子どもの本棚に外せない一冊です!


デイン・ヒアーの中に「赤ちゃんユニコーン宣言」のアイディアが生まれたのは、友人が娘を出産したことがきっかけでした。そこからインスピレーションを受けたデインは、『私たち一人ひとりが生まれた瞬間から、無限の可能性をこの世界にもたらしている』ことを私たちに思い出させるものとして、この本を書きました。 この物語はカタリナ・ワレンティンとの共著です。イラストレーションはナタリー・ボーボイズによるものです。 私たちが信じている可能性を問いかけることで、この本が赤ちゃんユニコーンの世代のインスピレーションになることを彼らは願っています。

「もし、子どもたちが生まれた瞬間から、子どもたちがギフトであることを教えられたらどうでしょう? 子どもたちが望むまま何にでもなれて、何でもやることができると言われたら? もし子供たちが毎日、私たちが彼らの存在にとても感謝していることを伝えられたら? そしたら子供たちは何をクリエイトすることができるでしょう? そしたら、何が可能になるでしょう?」ヒアは言います。

ワレンティンは同意して、「もし私の娘に一つギフトできるとしたら、それは、陰りや疑いなく、彼女がただ十分な存在なだけではなくて、彼女はユニークで、完璧で、素晴らしくってそして愛されていると、彼女に知ってもらうこと。とても基本的なことのように見えますが、これを知っていることがマジックを創り出します。大きなマジックを」と、言いました。

簡単に読めて素晴らしい挿絵の入った「赤ちゃんユニコーン宣言」は、私たちの想像でしか自分を制限することができない、私たちの美しい惑星の、マジックと可能性についての絵本です。 子どもの本棚に外せない一冊です!

プレビュー

*イメージ上でマウスを動かすとページが進みます。あるいは、ただ座って自動的に進むのをお待ちください!*

著者について

Dr.デイン・ヒアー

Dr.デイン・ヒアーはエナジーの巧みな使い手であり、まだあまり知れていない、ベイビー・ウィスパラー(赤ちゃんと話ができる達人)という専門分野で世界を変えている1人です。

www.drdainheer.com

カタリナ・ワランティン

カタリナは、熱心な探求者で、この私たちの美しい惑星で本当に可能な魔法を切り開いていくことに力を注いでいます。カタリナは、娘(この子も絶対にユニコーン!)と一緒にスウェーデンに住んでいます。

www.katarinawallentin.com

ナタリー・ボーボイス

ナタリーは、アルゼンチンに住むフリーランスのイラストレーターで、世界のために絵を描いています。子どものためにイラストを描くこと、日常に関することを描くことが大好きです・・・特に美味しい食事を描くのが大の得意!

www.childrensillustrators.com

レビュー

シンプルなママ | 赤ちゃんユニコーン宣言の持つ可能性は無限です。

ジェイミー・ミシェル

研究では、子どもの自尊心は5歳ごろには完成すると言われ – それ以前の形成期は彼らの自尊心を成長させ、維持する能力の発達にとても重要な時間であると言われています。 私は分かち合い学ぶことができる物語を子供たちに読むことが大好きです。

新しく発売された「赤ちゃんユニコーン宣言」は、子どもたちに、それぞれのユニークな才能と、世界への貢献、そして、子どもたちの人生を通して彼らに開かれた可能性を見せることができるものです。

この本は、友人の娘の誕生にインスパイアされた名高いリーダー、著者そしてスピーカーであるDr.デイン・ヒアによって、それぞれがこの世界へ持って生まれた無限に秘めた力を思い起こさせるために創り出されました。

「生まれた瞬間から、人々はこの現実に収まる方法を教えます。 彼らはジャッジの仕方を教えます。 ほかの人からの分離する方法を教え、あなた自身を誤りにし、勝とうとして、負けようとはせず、物事を正そうとします。」ヒアは説明します。「幼稚園が始まる頃には、私たちは外部のこうしたジャッジに基づいた自尊心をすでに築き始めています。私たちは、すでに私たちが真に何者であるかを忘れ始めているのです。」

簡単に読めて素晴らしい挿絵の入った「赤ちゃんユニコーン宣言」は、私たちの想像でしか私たちを制限することができない、私たちの美しい惑星の、マジックと可能性についての絵本です。色や明るいグラフィックはただ楽しくて面白いです。読む人の心をつかむこと間違いありません。

私の娘は7歳で、この年頃の自尊心は巨大です。 一瞬であらゆるものがそれら自尊心を壊すことができます。 子どもたちの高い自尊心の成長を助けるのは私たち次第です。 すべての子供が、それぞれのユニークな在り方でスペシャルであり、この本は、子どもたちに、そのことを理解する助けになると思います。

初めてママになる、あるいはママになる予定がある人達にとって必読の一冊、そして、すべての子供の本棚に追加する完璧な一冊。

2017年6月11日、ベイビー・ジャガー・ローズ・ヴァレンティナがこの世界の大きな扉を開きました。午後10時03分、彼女は初めて呼吸をし、彼女の母のメンターであり親愛なる友人Dr.デイン・ヒアから素晴らしいメッセージを受け取りました。

「私たちの生まれたてほやほやのユニコーン、あなたはギフトです…」この既に感情的な新米ママに注がれた優しさに圧倒された私は、すべてがうまくいくことを知っていました。ユニコーン宣言は、メッセージから創り出されたものです。新しく子どもを迎える親たちが、手に入れるべき一冊です!

もし毎日あなたが、子供たちに向けてどれだけ感謝しているかを伝えたら、何がクリエイトされるかをただ想像してください。子どもたちを支え、 このワイルドでクレイジーなローラーコースターのような人生の中で、あなたはいつも彼らのためにここにいるでしょう。- ジャスティン・マッケル

この本は、その物語なんです! 私は、私の人生に多大な影響を与えたDr.デイン・ヒアとカタリーナ・ワレンティンの二人を知ることができて本当に感謝しています。彼らは、ユニバースが私たちをサポートして、マジックが存在し、違う世界が可能であることを見せてくれました!

– ジャスティン・マッケル

この本は、とても希望にあふれていて魅力的で、スマイルが止まりませんでした。私が子供の頃に、出会いたかったです。この世界でどうにかしていこうと挑戦したときに、素晴らしい助けになったことでしょう。

– パトリシア・ブルーム(オーストリア)

この本は、とても貴重な宝物です!私をとても深く動かし、平和、優しさ、感謝、空間そしてあらゆるものや人との繋がりをもたらしてくれたもの… より素晴らしいものを探している人すべてにお薦めします!そして、この本のメッセージを受け取る子どもたちが手に入れられる可能性にワクワクします!

– レナータ・ダ・マタ・ガルシア(ブラジル)

抱きしめたくなる本で、心が温まる本!それぞれの拒絶することができないユニークさへの喜びに溢れた美しいリマインダーです。 カタリーナとデインによる、あなたの特異性とマジック、そしていかにあなたが、本当にこの世界にとって特別か、そしてそれ自体があなたの魔法のなす技だと、とても簡単でありながら効果的に気づかせてくれます!わたしは、そのスペースに何度となく戻り、抱きしめ、そのスペースを思い出しに行きます!ありがとう!

– エミリー・ガルシア(メキシコ)

「赤ちゃんユニコーン宣言」を読みながら、私はどれだけ、子どもの頃にこの本を手に入れたかっただろうと思いました。本を読み終えるころ、私は泣いて、読むのが遅すぎなかったことに感謝していました。私が知るすべての親にお薦めするでしょうし、もうこれ以上、私の生徒や友達の子供に何をプレゼントしたら良いか考えなくても良くなります!

‐ アナ・ヘレナ・カルネイロ(ブラジル)